ふくしま家づくりの本WEB




調べる 相談する 行動する

このホームページを見たときから夢のマイホームづくりは始まっています。
サイトで得た知識や、具体的になってきた夢を手に、さぁ、歩き出しましょう!

編集部はみなさんの家づくりを応援しています!!

家づくりは奥深い
調べるほどに新しい発見も!

 家のテイスト、屋根の形、外壁材、壁紙…家づくりは選択の連続です。ご家族に一番ピッタリ合う選択をするためには、ある程度の知識が必要です。知識があれば、選択肢が広がり、夢のマイホームにドンドン近づいていきます。

家づくりの本を読む

読めば読むほど、"自分のツボ"が分かる!

 こんな暮らし素敵だな、このテイスト好き、この設備は欲しい、こんな家がいいな…実例集を読んでいくと"あ!"と思うところが積み重なって、自分の好みが分かってきます。施工会社を選ぶ時も、プランニングの時にもきっと役立ちます。

お求めは、福島県内の書店・コンビニなどで

こちらからも
購入できます
「家づくりの本WEB」の上手な使い方

 本サイトは、「ふくしま家づくりの本2017年版」の中から、選りすぐった住宅レポートを抜粋して掲載しています。気になる住宅レポートから、希望の家をイメージしていきましょう。施工会社への資料請求もカンタンにできます!
 他にも各社のイベント情報や編集部スタッフブログ、「家づくりのダンドリ1・2・3」、「センパイの成功と反省」など、役立つ情報を配信しています。

住宅レポートを見て、気になった会社へはカンタンに資料請求ができます。


やはり参考になる!
経験者とプロの意見

 一生に一度と言われる家づくりだからこそ、慎重になるもの。そこで、参考になるのが経験者の意見です。住宅レポートにご登場いただいた先輩の家づくりストーリーをはじめ、ご両親やご友人にも積極的にお話を聞いてみましょう。


新築した友人・
知人に聞いてみる

 率直な意見を言ってくれるのが友人。家づくりの先輩として、施工会社を決めたきっかけから対応力の良さ、ミスがなかったか、家づくり全体のなかで何が大切なのかなど色々聞いちゃいましょう。



ここはやっぱり
親御さんの意見を聞く

 資金援助をしていただく、してもらわないにかかわらず、人生の先輩である親御さんとしての言葉を聞くのも大切かもしれません。家は30年、50年と暮らしていくもの。その過程でどんなことがあるのかを教えてくれるはずです。



金融機関へ
ローンの相談を

 住宅ローンは「いくら返していけるか」が基本。でも、それをどう考えればいいかがカギ。数多くのローンのお手伝いをしている窓口の方に相談してみるのが手っ取り早いでしょう。


"生の情報"を得るには、
足を使うことも大切!

 気になるハウスメーカーや工務店があれば、モデルハウスを見学したり、住宅見学会などに参加してみましょう。他の施工例を見たり、営業の方とお話することで、感じるものがあると思います。ご縁はここから始まります。


モデルハウスを見学する

 ハウスメーカーや一部の工務店はモデルハウスを公開しています。中には一定期間公開した後に売却するものも。その場合には、買う方のことを考えて床面積35坪前後の「リアルサイズ」なことも多いようです。平日も公開する「常設型」、週末のみ、予約制などがあります。見学は無料。その会社の一番の「ウリ」がどこなのかを質問しましょう!



住宅見学会に参加する

 モデルハウスとは違い、一般の方の住宅を完成直後(引越しする前)に短期間、公開するのが「完成見学会」。ウェブサイトで告知していることも多いです。また、見かけることは少ないものの、柱や梁・断熱材などがそのまま見える状態で公開する「構造見学会」も勉強になるイベント。構造の確かさはとっても重要ですよ!

各社のイベント情報を発信中

住宅レポートを見て、気になった会社へはカンタンに資料請求ができます。

 資料とは住宅商品や、その会社のプロフィールがわかるパンフレットなど。構造や断熱の特長や完成後の保証などについても説明されています。近く見学会の予定があればそのチラシや、販売中の建売住宅、その会社おすすめの宅地の資料が送られてくることも。そのためには資料請求時に「建売も検討している、土地の情報も欲しい、計画は2年以内」など、自分側からアピールをした方が有益です。


会社概要 プライバシーポリシー 免責事項 広告について リンクについて お問い合わせ

copyright 株式会社エス・シー・シー