ふくしま家づくりの本WEB



異なる想いが調和する暮らしの庭
「フェルムウッドノイエ」
白河市 S邸 (4人家族)


レッドシダー特有の濃淡のある色調が白い外壁に映える。庭先の縁側や緑地とマテリアルの異なる素材が美しく調和し、周囲の広大な田園風景に溶け込む



延床面積/124.21㎡(37.57坪)
土地面積/496.16㎡(165.00坪)
工法/木造軸組パネル併用工法(スーパーウォール工法)

異なる想い、異なる素材を融合し
どこにもない家と暮らしを
 街の喧騒から少し距離を置いた田園風景の中に建つS邸。農園や庭園を意味する「フェルム」と名付けられた住まいは、ご家族にとって、憧れた暮らし以上に幸せを育む大地のような存在となった。
 レッドシダーと白壁のモダンな表情に、ベランダのアイアンフレーム、植栽した木々が陰を落とす小さな縁側。「どこにもない自分達だけの家が欲しかった」とSさん。その外観の印象は、そのまま居住空間へとつながる。
 「広大な農地を眺めて暮らしたい」というご主人と、「しっとりとしたアンティークな空間」を好む奥様。『楽縁』は、ご夫婦の異なる感性を融合し、形にしてくれた唯一の会社だった。
 メインは、木と鉄という異なるマテリアルが調和したLDK。ムクのウォールナット床の風合い、オフホワイトにペイントした内装とアイアン階段を組み合わせた空間は、真新しさよりも生成りのコットンに似たぬくもりが漂う。奥様が選んだ古材のダイニングテーブルや食器棚、ステンレスのキッチンが美しく馴染み、心地よさの感度を深める
友人のように想いを共有して
たどり着いた「ゼロエネ住宅」
 「本当にいい家」とご夫婦が声を揃える空間をデザインするため考慮されたのがパントリーや納戸などの収納空間や水まわり。いずれも壁と同色の扉で仕切り、くつろぐ場の雰囲気を壊さないよう配慮されている。また「子どもが成長しても、家で過ごす場はLDKに」と子ども室や寝室はシンプルな空間になった。
 同社とイメージを共有するまで約3ヵ月。「昼夜なく密度の濃いやりとりで、親しい友人のような関係になった」と笑いながら、「職人気質を感じたのが住宅性能に対するこだわりでした」とご夫婦。S邸は、高い断熱・気密性能に、屋根全面の太陽光発電パネルを併せた、先進の「ゼロエネルギー住宅」である。
好きな場所、楽しい時間が増え
“帰りたい家”に
 デザイン性や素材、住宅性能に加え、ご主人がこだわった広大な眺めを楽しむ配慮が散りばめられた。リビングのハイサッシは下り壁がない分、光と景色を壁いっぱい室内へと導く。当初は箱型だった外観に個性的な表情をつけたいとオーダーして生まれた2階東南のベランダは主寝室からの遠望を贅沢に叶えた。
 一方、子ども室は採光窓がフレームとなり遊び心あふれるピクチャーウインドーに。「娘が新入学するまでは自分専用です」とご主人。しばらくは窓辺のカウンターでパソコンや読書を楽しむつもりだ。
 そして、奥様の日々をより豊かにしたのはサンルーム。「実家から独立して初めて家族だけの生活になるので、ワガママしてもいいかなと思って」という奥様。淡い光に包まれた部屋で、時間を見つけては趣味のクラフトワークにいそしむ。「家族との時間も一人の時間も子ども達の成長も、これから先の暮らしがとても楽しみになりました」。

自分らしい時間を過ごす
光あふれるサンルーム

 くるみボタンやコースター、シュシュなど好きなハンドメイドを楽しんだり、庭を眺めながらティータイム。このサンルームは自分の時間を愉しむためにオーダーしました。当初のプランでは北側にありましたが、一日中光の入る気持ちのいい居場所にしたくて、庭に面したこの場所にしてもらいました。


ラクエン
㈱楽縁

〒961-0102 西白河郡中島村大字滑津字大池向南6-8
TEL:0248-21-7753
休/毎週日曜日 営/9:00〜17:30

平均坪単価/50万~70万 建築業者許可番号/
福島県知事許可(般-29)第27265号
営業対応エリア
中通り全域

快適性をトータルコーディネート
心が豊かになる「暮らし」を

代表取締役
緑川 亮さん

 私たちが提案しているのは、住宅ではなく「暮らし」そのもの。シンプルな暮らしをすることで、心に余裕が生まれると考えています。そんな暮らしを叶えるため、より長く快適に暮らしていただく家づくりをご提案します。デザイン性と機能性を兼ね備えた住宅設計と、職人が手がけるムク材の家。選び抜いた天然のムク材を使用し、質感や温かみのある空間をご提案します。

音楽と照明、ファッションを楽しむ
居心地の良いスタイリッシュな空間


家で過ごす時間を非日常に変える
「ティーブレイクノイエ」



Facebook Instagram

会社概要 プライバシーポリシー 免責事項 広告について リンクについて お問い合わせ

copyright 株式会社エス・シー・シー