ふくしま家づくりの本WEB




古民家モダンに別荘のくつろぎ感
母と快適にゆったりと暮らす家
福島市・S邸 (2人家族)


閑静な住宅街にある個性的でモダンな住まい。正面の外壁には耐水性が高い米杉材を採用。側面のサイディングは汚れ落ちの良いフッ素入りの素材だという



延床面積/134.14㎡(40.57坪)
土地面積/824.70㎡(249.47坪)
工法/木造軸組工法

玄関土間に設置した薪ストーブで
家中を暖めヒートショックを防ぐ
 深い軒に守られたカバードポーチが通りからの目隠しにもなる住まい。玄関を入ってすぐの土間に薪ストーブがある。「一度焚くと、翌朝まで家中が暖かいんですよ」とSさん。新築を決意した一番の理由は、「高齢の母をヒートショックから守りたかったから」。以前住んでいた築40年の家は冷暖房の効きが悪く、昔ながらの間取りは介護にも不向きだった。
 イメージしていたのは、「省エネかつ母を見守りながらワンフロアで生活できる家」。かつて中学校で教師をしていたSさんの教え子でもある『菊田工務店』の専務に相談すると、「僕がやります!」という頼もしい返事が返ってきた。
2階にいても吹き抜けから
階下を見守ることができる間取り
 同社では、付加断熱と高い気密性で夏涼しく冬暖かい家をつくり出す。S邸は大きな吹き抜けで家中の空気が行き来するので、猛暑の夏もエアコン1台で快適に過ごすことができたそうだ。
 「モダンな古民家風にまとめたい」という要望に応えて、外観やインテリアはヴィラリゾート風に仕上げた。「別荘でリラックスするように過ごしてもらえれば」と菊田専務。水まわりはコンパクトにまとめ、LDKに隣接する和室にはあえて襖を設けなかった。こうすることで、2階にいる時も吹き抜けから階下の様子を見ることができる。さらに「光熱費は旧宅の半額です」と喜ぶSさん。「住む家で暮らしの快適性が大きく変わることを毎日、実感してます」と話す。

<レポーターのイチオシ>
インテリアに馴染む
キャットウォーク

 リビングに、愛猫が運動できるキャットウォークを造作したS邸。木の素材感がシックなインテリアに美しく馴染んでいました。取材中も高所から、じっと人間たちを観察していたタマくん。新しい家を気に入っている様子が伝わってきました。 (レポーターM)


キクタコウムテン
㈱菊田工務店

〒960-8165 福島市吉倉字万田10-4
TEL:024-546-1442
休/日曜祝日 営/8:00〜17:00

支店・主な展示場など
野田町エコハウス/
福島市野田町3丁目4-45
TEL:※見学予約制
福島パッシブハウス/
福島市吉倉字万田10-7
TEL:※見学予約制
平均坪単価/70万~ 建築業者許可番号/
福島県知事許可(般−2)第17247号
宅地建物取引業免許番号/
福島県知事免許(7)第1568号
建築士事務所登録番号/
2級建築士登録 福島県知事第21(905)3309号
営業対応エリア
中通り全域
※ここに記した以外の地域では
施工できない可能性があります

50年先も健康に快適に暮らせる
「パッシブハウス」をお勧めします

専務取締役
菊田良将さん

 当社は、環境先進国ドイツ発の省エネ住宅基準「パッシブハウス」の設計・施工を福島市で唯一行っています。断熱気密施工を得意とし、2020年度に手がけた全棟のC値が0.2以下です。50年先も生活とお金に困らず、健康で夏も冬も超快適な暮らしが続けられるエコな家づくりは「人」だけでなく「地球環境」にも貢献します。知恵と工夫、高い技術力で厳しい世界基準を実現します。

光熱費負担を減らし快適に
暮らす「エコハウス」の
メリットを実感中


世界基準の「パッシブハウス」で
エネルギー消費を抑え快適に暮らす



Facebook Twitter Instagram

会社概要 プライバシーポリシー 免責事項 広告について リンクについて お問い合わせ

copyright 株式会社エス・シー・シー