ふくしま家づくりの本WEB



ムク材と空間の広がりが心地よい
いつも家族の笑顔が見える家
白河市・K邸 (4人家族)


屋根の傾斜がアシンメトリーなフォルムをつくっている個性的な外観。玄関まわりを板張りにし、アクセントをもたせているのも特徴だ



延床面積/133.73㎡(40.52坪)
土地面積/322.11㎡(100.64坪)
工法/木造軸組パネル併用工法

希望の予算でつくりあげた
本物のムクの住まい
 「庭のある環境で子どもを育てたかった」と、2人目のお子さんが生まれる前に住まいを建てたKさん。『木ノ香ハウス』を知ったのは、奥様のご実家が同社でリフォームをしていたことから。その後、同社の手がけた新築物件を見て、希望の住まいが実現できると思い決めた。
 「以前から木の住まいに憧れていました。他社も見学しましたが、ムクの家はどうしても高くなってしまう。その点、価格の面でも希望通りでした」。リビングとダイニングの床にはご主人こだわりのサクラムク材を使用したほか、天井にもムク材を。イメージ通りの木のぬくもりあふれる住まいに仕上がった。
リビング階段と吹き抜け
天井も高くし空間に広がりを
 つくりたかったのは、「狭くても広々と感じられる家」。ご主人は「限られた土地面積でも、のびのびと暮らしたかった」と言う。
 リビングは天井を高くとって空間に広がりをもたせ、当初の予定より部屋数も減らし、間取り設計に工夫を凝らした。奥様が希望したリビング階段は、ステップや手すり部分をオープンにし、LDKとの一体感をもたせている。「家族の顔がいつも見られるように、2階へは必ずリビングを通って行くようにしたかったんです」。また、広いウッドデッキは、リビングの延長として使えるのも魅力だ。
 住んで一年半ほど。ご主人は「仕事柄、ほかの住まいを見る機会も多いけれど、うちが一番です!」と笑顔を見せた。

<レポーターのイチオシ>
広いウッドデッキは
軒下もたっぷり

 幅が一間ほどもある広いウッドデッキにかかる軒も2メートルと深くとってあります。雨も入りにくいので、リビングの延長として常時使えるのがいいですね。木の住まいを誇る会社ならではのつくりで、ヒノキの太い軒樹も印象的でした。 (レポーターE)


コノカハウス
木ノ香House㈱

〒961-0015 白河市田島45-1
TEL:0248-29-2077
休/毎週水曜日 営/9:00〜18:00

平均坪単価/お問い合わせください 建築業者許可番号/
福島県知事許可(特−27)第27243号
営業対応エリア
郡山市/田村郡/田村市/須賀川市/石川郡/岩瀬郡/白河市/西白河郡/東白川郡
※ここに記した以外の地域では施工できない可能性があります

家族の健康づくりを住宅から
安らぎを与えてくれる「木の家」

代表取締役
霜田利幸さん

 ムク材をふんだんに使用した「木の家」づくりにこだわり、子育て世代も安心して暮らせる住環境を提案します。ご家族のこだわりや理想を反映し、ライフスタイルに合わせた快適な住まいを完全自由設計にて実現。もちろん高い住宅性能も確保します。経験により培われた職人技を活かした迅速・丁寧な施工にも自信あり。ムク材を贅沢に使ったオリジナルの造作建具もお任せください。


Facebook Instagram

会社概要 プライバシーポリシー 免責事項 広告について リンクについて お問い合わせ

copyright 株式会社エス・シー・シー