ふくしま家づくりの本WEB



1階と2階を完全に分けた
家族を幸せにする二世帯住宅
須賀川市・S邸 (6人家族)


モダンな外観。右側の茶色を基調とした親世帯と、左側のグレー中心の若夫婦世帯をウッドデッキがつなぐ



延床面積/196.16㎡(59.34 坪)
土地面積/436.17㎡(131.94 坪)
工法/木造軸組工法

 モダンな外観が印象的なS邸は、両親が暮らしていた築50年以上の平屋を建て替えた二世帯住宅。「両親とはライフスタイルも好みもまったく違うので、『二世帯の距離感をどう保つか』を最優先に考えました」と話すSさん。奥様の要望はもちろん、ご両親の意見も取り入れ、内部で行き来を可能にする完全分離タイプの二世帯住宅にたどり着いた。
 「生活時間が完全に違うので、玄関、LDK、水まわりはすべて別にしました」とSさん。1階は平屋に住み慣れたご両親の生活空間。キッチンや浴室などの水まわりを東側へ配置することで、LDKと和室2間を確保。2階は若夫婦世帯の空間としながら、1階に若夫婦世帯の玄関と浴室&洗面・脱衣室を設けることで、2階部分を丸まる部屋スペースに充てた。スペースの確保により、畳コーナーのある広いリビングとスタディコーナーを設けることができた。内装はご夫婦が好きな白と黒を基調にしてシックに。
 今年の夏は『サンホーム建設』が太鼓判を押す断熱性が効果を発揮した。ご両親も「エアコンの効きがよいので、助かりました」と満足そう。Sさんは「子どもたちも大好きな“じいじ”と“ばあば”と一緒に暮らせて、楽しく過ごしています」とほほ笑む。フルタイムで働く奥様も「帰りが遅い日は子どもたちの面倒をみてもらえるので、本当に助かっています」と充実した二世帯ライフに笑顔を見せる。

趣味の「ガンプラ」の ディスプレーコーナー

 主寝室の一角にガンダムのプラモデルのディスプレーコーナーを設け、少し渋めのクロスをコーディネート。「家を建てるときは、絶対ディスプレーコーナーをつくる!」と決めていました。毎日眺めては幸せに浸っています。

サンホームケンセツ
サンホーム建設

〒962-0062 須賀川市山寺町192
TEL:0248-72-5960
休/毎週水曜日

支店・主な展示場など
ショールーム・リフォームラボ/
須賀川市山寺町189
TEL:0248-72-5967
平均坪単価/40万~60万 建築業者許可番号/
福島県知事許可(般-30)第23579号
宅地建物取引業免許番号/
福島県知事免許(4)第2476号
設計事務所登録番号/
1級建築士登録 福島県知事第12(005)0737号
営業対応エリア
福島県内全域

代表取締役
吉田浩二さん

 お客様に納得してマイホームを建ていただくために設計プランニングや土地探しはもちろん、資金計画からアフターサービスに至るまで、住まいづくりに関する全てを全力でサポートいたします。耐震・断熱性能の高い基本性能で省エネ基準をクリア。お客様の健康に配慮し、自然素材や備長炭パウダー塗装を施し、いつでも空気がきれいで快適な住まいを提供しています。



会社概要 プライバシーポリシー 免責事項 広告について リンクについて お問い合わせ

copyright 株式会社エス・シー・シー