ふくしま家づくりの本WEB



女性建築士と考えた、家族を幸せにする
おしゃれでスマートな家づくり
福島市 S邸 (4人家族)


屋根も外壁も1色でまとめたシンプルな外観。デッキは手入れしやすいタイル貼り



延床面積/137.45㎡(41.65坪)
土地面積/183.02㎡(55.46坪)
工法/木造軸組工法

 長男の小学校入学を機に新築したSさん夫婦。年子のお子さん2人の子育てと家事に奮闘する奥様。毎日の家事動線をスムーズにしたいし、多趣味なご主人の空間も確保したい。プランニングのポイントは絞られた。収納は必要な場所にきちんと備え、物があふれないスマートな暮らし。1階には念願のアイランドキッチンと広々としたリビングダイニング。2階ベランダを庇代わりにしたテラスには、ご主人の趣味の自転車を置いている。
 窓の使い方も絶妙。縦長の細い三連窓やハイサイドライトが外からの視線を感じることなく、明るくのびのび暮らせる空間をつくっている。2階は逆にプライベート感を重視し、子ども部屋、ご夫婦の寝室、ご主人の書斎を設けている。
高い住宅性能と住まい方を工夫して
エコでおしゃれな暮らしを謳歌
 引き戸の配置にも工夫が。1階のダイニングから続く洋室は、3枚戸を閉めれば客間に、開ければワンフロアになる。「リビングと水まわりの間にも引き戸があって、両方を閉めると冷暖房が節約できます」。生ゴミシューターも重宝しているそう。「キッチンの外に生ゴミを集めておけるので臭いも気になりません」。
 住宅性能をフルに発揮し、工夫しながらエコに暮らすと決めて半年が過ぎた。「光熱費が月平均7、000円程度。まずまずの金額じゃないでしょうか」と奥様。
 インテリアはこれからも"ホワイト&グレー"にこだわりながら、おしゃれに暮らしていきたいと笑顔で教えてくれた。

色を抑えてすっきりした 空間に仕上げたトイレ

 階段下のスペースを有効活用したトイレは、タンクレスにして空間をすっきりさせました。テーマカラーのグレーを壁の一部に使って他の部屋とも調和させた点もポイントです。  色を増やしたくないので手拭きタオルもモノトーンだけにして、飾り棚もシンプルな小物で揃え、統一感を出しています。

ハハノイエ
㈱母の家

〒960-8204 福島市岡部字根深132
TEL:024-531-8861
休/毎週木曜日

支店・主な展示場など
展示場サンデーラテハウス/
福島市岡部字当木前89-6
TEL:※予約制
平均坪単価/50万~60万 建築業者許可番号/
福島県知事許可(般−28)第28560号
設計事務所登録番号/
2級建築士登録 福島県知事第21(709)3296号
営業対応エリア
福島県内全域

代表取締役
山田直美さん

 『母の家』の家づくりは、「主婦として母として、私なら本当に住みたい家ってどんなだろう?」から始まりました。子どもたちの五感をはぐくみ、健康にのびのび暮らせる自然素材の家も、大好きなものに囲まれた自分らしさを空間に反映した家も、毎日の家事を楽にする使い勝手のよい動線や収納の工夫も、女性と家族の快適な暮らしのため。お客様にとことん寄り添って実現したいと思っています。

大好きなデザインを詰め込み
友だちを招きたくなる家に


家族が笑顔になれるアイデア満載
暮らすほどに楽しみが広がる家


もっと見る

Facebook Instagram

会社概要 プライバシーポリシー 免責事項 広告について リンクについて お問い合わせ

copyright 株式会社エス・シー・シー