ふくしま家づくりの本WEB



家族が笑顔になれるアイデア満載
暮らすほどに楽しみが広がる家
福島市 Y邸 (5人家族)


切妻屋根、白い壁にブラウンの差し色のシンプルで飽きのこない外観。ブルーの窓枠は「サンデーラテハウス」ならでは



延床面積/107.32㎡(32.46坪)
土地面積/218.20㎡(66.12坪)
工法/木造軸組工法

 ご夫婦と小学生の姉妹、0歳の赤ちゃんがにぎやかに暮らすY家。借家が手狭になり家づくりを考え始めたご主人は、「家族が一緒に過ごす空間を充実させたかった」と話す。その点で『母の家』が打ち出す「サンデーラテハウス」は、楽しい暮らしがイメージできたそう。
 1階の居室は、DK一体型のファミリーリビングのみ。家族の気配を感じながらくつろげるスペースだ。シンクとテーブルが横並びのカフェキッチンスタイルは「料理中のお母さんが見えて、お話しもできる」と姉妹もうれしそう。食事の後も子どもたちは1階で宿題をしたり、テレビを見たりと、ご主人の思い描いた家族団らんの時間を楽しんでいる。
収納の工夫でリビングはスッキリ
プライベート空間は2階に集約
 物が多くてもリビングクローゼットのおかげでLDKはスッキリとした印象。「お客さんが来たら、おむつなどもすぐに片付けられて便利です」と奥様。
 2階は主寝室や子ども部屋などのプライベート空間。浴室とランドリーも2階にあり、洗濯物を洗って干し、畳んでしまうまで流れがスムーズ。洗濯機の脇に造り付けた大きなアイロン台は、沐浴の後に服を着せるのにも役立っているそうだ。階段を昇り降りせず主寝室のベビーベッドに連れていける安心感もあるという。毎日、仕事に家事にと忙しい奥様が「さりげない家事楽への『母の家』さんからの配慮に、胸がときめく家です」と笑顔を見せると、家族にも笑顔が広がった。

おやつ選びも楽しい! 便利な大容量パントリー

 スポーツをしている上の姉妹は食べ盛り。お腹が空いたらすぐに何か食べられるように、食品をストックしておけるパントリーは必要だと思っていました。2人が並んでも充分なスペースがあるので、おやつ選びも楽しそうです。取っ手付きのカゴを並べて、上にある物も取り出しやすくしました。

ハハノイエ
㈱母の家

〒960-8204 福島市岡部字根深132
TEL:024-531-8861
休/毎週木曜日

支店・主な展示場など
展示場サンデーラテハウス/
福島市岡部字当木前89-6
TEL:※予約制
平均坪単価/50万~60万 建築業者許可番号/
福島県知事許可(般−28)第28560号
設計事務所登録番号/
2級建築士登録 福島県知事第21(709)3296号
営業対応エリア
福島県内全域

代表取締役
山田直美さん

 『母の家』の家づくりは、「主婦として母として、私なら本当に住みたい家ってどんなだろう?」から始まりました。子どもたちの五感をはぐくみ、健康にのびのび暮らせる自然素材の家も、大好きなものに囲まれた自分らしさを空間に反映した家も、毎日の家事を楽にする使い勝手のよい動線や収納の工夫も、女性と家族の快適な暮らしのため。お客様にとことん寄り添って実現したいと思っています。

大好きなデザインを詰め込み
友だちを招きたくなる家に


女性建築士と考えた、家族を幸せにする
おしゃれでスマートな家づくり


もっと見る

Facebook Instagram

会社概要 プライバシーポリシー 免責事項 広告について リンクについて お問い合わせ

copyright 株式会社エス・シー・シー