お気に入り
省エネ・健康・耐震性
二世帯が安心して過ごす
美しい木の家

中央エアサイクル住宅㈱

ふくしま家づくりの本2023年版掲載

家中に仕切りは設けず 生活空間を緩やかに分断

 自然に恵まれたこの場所に建っていた築100年を超える旧家。老朽化に伴って、建て替えを決意したのはNさん一家だ。『中央エアサイクル住宅』とは、Nさんの実家が営んでいた造園業が度々仕事を共にしていた関係。「信頼できる社長と腕利きの大工が揃っていることを知っていたから、迷うことなくパートナーに選びました」。
 上の外観写真からも想像できる通り、この家は二世帯住宅。家族6人で暮らす理想の間取りを自ら考え、打ち合わせに持参したNさん。互いに気兼ねなく過ごせるようにと、生活空間はそれぞれ分けるように配慮した。「共有するのはお風呂とトイレ、和室くらい。洗濯機も別なので、お互い気持ち良く過ごせます」とお母様。「とにかく家の中、どこを見ても大満足です」とにっこり。

外観と雰囲気を統一したグレージュの壁紙を使用。東側に設けた上げ下げ窓とすべり出し窓は、腰壁とも相性抜群だ。高い天井に設けた現しの梁とも調和し、センス良い空間に

新しい家になって、家族が 集まるのがもっと楽しみに

 同社の「エアサイクル工法」は、壁の中で空気を循環させ、家中の湿度と温度をコントロールするもの。自然エネルギーを使って、効率的に過ごしやすい環境を整えるので光熱費も抑えられる。「前の家は寒かったから、新しい家で冬を越すのが今から楽しみです」。 毎年、正月には弟家族も集まって、みんなで集合写真を撮るというNさん一家。「来年はこの場所に集まって写真を撮ることになると思います」と和室を指さし、うれしそうにほほ笑む。これからも家族の幸せがあふれていくだろう。

家の中心に配置した和室は、匠の技が光る場所。同社大工が腕によりをかけてつくった扇天井は美しさに加え、空間に奥行きをもたらす効果が。2帖の縁側を備え、光あふれる家族みんなの共有スペースとなった

施工会社からメッセージ
  • 代表取締役
    菅井正雄さん

  • 理想を叶える自由設計と造作家具で
    暮らしやすい住まいをご提案します
     外断熱エアサイクル工法は、夏、冬、そして梅雨にも自然の力をできるだけ利用するパッシブ工法で、昨今の異常気象にも対応します。また、当社は技術力と丁寧な仕事にも定評をいただいております。手づくりの机や本棚、テーブルなども依頼され、自由設計に加えて、お客様のご要望や暮らしやすさをご提案しております。当社の家づくりへの思いと技術を結集したモデルハウスへ足をお運びください。
施工会社

中央エアサイクル住宅㈱

〒963-0205 郡山市堤3-27
TEL : 024-952-1778
休/日曜祝日 営/8:30~18:00
  • MAP
  • TELEPHONE
資料請求はこちら
ふくしま家づくりの本について
copyright 株式会社エス・シー・シー