お気に入り
※「お気に入り」に保存しました。(2024-07-18 02:03:26)
現在 1 件登録されています。
自然素材に薪ストーブ、
土間や三角屋根。憧れを
詰め込んだ理想の家

㈱四季工房

ふくしま家づくりの本2022_1年版掲載

理想のマイホームを実現す るために質で選んだ会社

 建築関係の仕事をしているHさん夫婦は、自分たちの理想の間取りを長年考えていた。それを現実するために選んだのが『四季工房』。「大工さんの仕事が丁寧で質もいい。自然素材をふんだんに使っているところにも引かれました」と話す。

和室から見たLDK。土間やキッチンを一段下げ、吹き抜けを設けたりと、視覚的に変化を付けて広がりのある空間に

遊び心がある間取りで 家にいる時間を楽しむ

 家に入るとフワッと感じる無垢材の良い香り。1階は間仕切りを設けずにフルオープンにし、床や天井に高低差を付けることで空間をリズミカルに区分。ユニークで遊び心のある間取りに、訪れる人はみな驚くという。大空間だと心配なのが冷暖房効果だが、同社の『エアパス工法』と随所に用いた自然素材が快適な住まいを実現。「うちにはエアコンがありません。爽やかな空気が常に循環し、漆喰の壁や無垢材が湿気を調整してくれて、夏でもカラッと過ごせます」。冬には薪ストーブが活躍。「家中が優しい暖かさに包まれて、これに叶う暖房はないと実感しています」とHさんは笑顔を見せた。
 料理好きのおふたり。家の中心に配した大きな造作キッチンが、ひときわ存在感を放っている。床やカウンターの木目を揃えることで、室内の奥行きをさらに広く見せることに成功。「リビングのソファでくつろいでいるより、趣味を楽しんでいる方が自分たちらしい」と、休日はお気に入りのキッチンでパンを焼くなどして過ごす夢のような日々。年月とともに赤く色づく松の床のように、彩りある人生をこの場所で過ごしていく。

黒いタイルが洗練された印象の土間玄関。趣味の陶芸を奥様が楽しんだり、冬には七輪を出して餅を焼くなど、日常を楽しく彩る場所。和室は間仕切りで客室にも

  • 2階の寝室。勾配天井をうまく使い、現しの梁がアクセントに。塗り壁と無垢材の優しい色合いが、落ち着く空間を演出

  • キッチンと一体型のダイニングテーブルでゆったりと食事を楽しむ。LDKに設けた薪ストーブは、冬は料理にも使うそうだ

施工会社からメッセージ
  • 郡山支社 営業
    千原貴文さん

  • 世界に誇る日本の伝統技でつくる
    全棟注文住宅で理想の住まいを
     「日本の家は日本の木でつくる」をテーマに、日本の木の魅力を引き出すために、大工・左官・建具職人が、住む人への思いを込めて手間暇かけてつくります。「天然素材と国産材」、そして「エアパス工法」。どれが欠けても居心地の良い住まいはつくれません。当社では、地域の人、技術、自然をもとにした、住む人と環境にやさしい地域循環型の家づくりを進めております。
施工会社

㈱四季工房

〒963-0115 郡山市南2丁目84
TEL : 024-937-6351
休/毎週水曜日 営/10:00〜18:00
  • MAP
  • TELEPHONE
資料請求はこちら
ふくしま家づくりの本について
copyright 株式会社エス・シー・シー